側弯症は先天的な問題や姿勢の悪さなどで脊椎が曲がる病気です

構築性側弯症の種類

特発性側弯症

複数種類がある脊柱側弯症の中で、一番割合が多いのが特発性側弯症です。
その割合は脊柱側弯症の8割と言われていますが、この特発性側弯症になる原因はまだ解明されていません。
家族内で多く見られることから、遺伝の可能性があるとも言われています。

先天性側弯症

先天性側弯症は、生まれつき脊椎に異常がある場合に分類される側弯症です。
この症状が出ている場合、脊椎以外の内臓などの多臓器にも異常が出ている事も多いです。

間葉系の病気による側弯症

生まれつき血管や結合組織に異常がある間葉系の病気によって引き起こされる側弯症です。
目や心臓血管などに病気があらわれるマルファン症候群などが原因とされています。

神経原性側弯症

神経障害で神経が麻痺したために、脊椎を支えきれなくなってしまうと引き起こされます。
中枢神経、末梢神経に異常をきたした際に起きる場合がほとんどです。

筋原性側弯症

骨格筋が変形や懐死することで筋力が低下する筋ジストロフィーなどの筋肉の病気からくる側弯症です。
筋肉の病気により脊椎が正常に支えられなくなってしまいます。

側弯症についてのおすすめ記事

ドクター

側弯症の手術方法

側弯症の手術には前方法と後方法といった2パターンの手術があります。脊椎のカーブを矯正する目的で行うため、カーブの場所により方法を使い分けます。

READ MORE

側弯症は気付きにくい

側弯症は症状が軽度の場合、自覚症状があらわれることはあまりありません。そのことから、患者本人が気づきにくいという点があります。

【PR】
肝臓がんをやっつけろ!
あなたに最適の治療方法は必ず存在する! 【PR】
側弯症を手術するなら優良クリニックへ。
痛みの早期改善がこれからの人生を左右する! 【PR】
平野区の病院で診察
診療を丁寧に行なってくれる! <PR>
行徳で腰痛を速やかに解決?
365日対応中。急なトラブルでも通えるクリニック。 <PR>
髄膜腫を早期解決。
病気とさようなら。こんにちは!快適な毎日♪

進行してきた際の判別方法

側弯症は背骨が横に曲がってしまうため、患者を後ろから見ると肩や肩甲骨が非対称になっています。こうした症状で発見することができます。

側弯症はどういった病気か

側弯症という病気

前から見て脊椎が10度以上曲がる状態になってしまうと側弯症だと判断されます。原因はいろいろとありますが、多くはその原因が明らかでない特発性側弯症といわれるものです。

自然治療はできるか

側弯症には2種類あり、姿勢の悪さなどや生活習慣病などから起きる機能性側湾症と、脊椎にねじれが発生して元の正常な形に戻らなくなる構築性側湾症があります。機能性側湾症は姿勢や生活習慣を改善することで自然回復の可能性もありますが、構築性側湾症は装身具を用いた治療や手術による治療が必要になってしまいます。

側弯症の手術

手術を必要とする最も大切な理由が脊椎のカーブの進行を予防するためです。進行して重度の側弯症になった場合、脊椎の変形によって肺が圧迫されるために肺機能が低下してしまう危険性があります。

精神への影響も

構築性側弯症が悪化してくると、患者の自己評価が低下し始め、対人関係においても消極的になるという症状が出しまうことがあります。この症状は脊椎のカーブが悪化していくに伴い感情が顕著になるといわれていて、身体にあまり支障がない段階でも、精神的な健康のために手術を検討される人も多いです。